山梨大学眼科での20年の経験を生かし、緑内障外来、小児眼科、眼鏡コンタクト処方など、甲府昭和中央市地域の医療に貢献いたします。

〒409-3864 山梨県中巨摩郡昭和町押越70-1

<診療時間のご案内>
平日:8:30~12:00、14:30~18:00
土曜日:9:00~12:30 (午後休診)

ご予約・お問合せはこちら

055-268-7766

診療案内

診療時間

 
午前 8:30~12:00手術日
午後 14:30~18:00手術日

※土曜午前は、9:00~12:30

手術について

当院は手術設備完備、下記の手術に対応いたします。

  • 白内障
  • 緑内障
  • 麦粒腫
  • サン粒腫
  • 翼状片
  • 睫毛内反
  • 眼瞼外反
  • 鼻涙管閉塞症
  • 角結膜異物
  • レーザー手術
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜裂孔
  • 閉塞隅角緑内障

なお、当院は無床診療所ですので、入院が必要な方は山梨大学病院へ紹介いたします。

火曜日の診療

火曜は手術日で外来診療はしておりません。午後から手術となります。
午前中は職員も不在の事がありますので、お問い合わせなどは午後にお願いいたします。

設備の紹介1

カルテ.jpg

電子カルテ・画像
ファイリングシステム

当院では完全ペーパーレス化を目指し、電子カルテを導入しています。

画像ファイリングシステムで院内全ての検査結果を画面上に表示し、病状説明に使用いたします。
スケッチではなく、写真を元に説明いたしますので、大変理解しやすいです。

設備の紹介2

camera.jpg

無散瞳眼底カメラ

糖尿病網膜症などの定期健診に瞳を開かずに眼底検査が可能です。

瞳を開かないので検査後自動車運転が可能です。
(白内障や、網膜症が進行した方は散瞳が必要です)

設備の紹介3

GP.jpg

視野計

  • 静的量的視野計(ハンフリー社製、自動視野計):緑内障の進行判定に世界的標準機となっている機種です。
    大学と同じ機械を使うので、データのやり取りにより過去の検査結果も有効利用できます。
  • 動的量的視野計(ゴールドマン式視野計):視野全体について、検査可能です。身体障害者手帳申請の為の検査に使います。

自動視野計が上手く出来ない人はこちらがお勧めです。

設備の紹介4

noncon.jpg

非接触型眼圧計

空気を吹付けて、眼球の内圧を眼球に触れることなく測定します。緑内障で正確な眼圧が必要なときは、接触型と併せて使用します。

設備の紹介5

noncon.jpg

屈折検査装置

近視、遠視、乱視の度数を測定します。視力測定、眼鏡合わせに使用します。同時に角膜の形(曲率半径)も測定可能で、コンタクトレンズ処方に使用します。

設備の紹介6

spec.jpg

角膜内皮観察解析装置

角膜の内側の細胞数を測定します。人の角膜内皮細胞は1mm2あたり約3000個あります。年齢とともに減ってきますが、目の手術やコンタクトレンズの使用により大幅に減ることもあります。
500個程度にまで減ると角膜が透明でいられなくなり、白く濁ってきます。

設備の紹介7

int0003.JPG

レーザー治療装置

透明な角膜や水晶体ではレーザー光線は通り抜け、目を切る事無く、深部の網膜や光彩を凝固したり切開する事が可能です。糖尿病網膜症で眼底出血を生じた網膜症の治療などに用います。 

設備の紹介8

legacy.jpg

白内障手術装置

白内障は現在ほとんどの症例で超音波で水晶体を砕き、約3mmの切開部から吸引して濁りを除去します。 除去した水晶体の代わりに人工の水晶体を挿入します。 昔と比べ、切開が小さくなり炎症も軽く済むようになった事から、多くの医院で入院せずに日帰りで手術を行っています。 

設備の紹介9

OCTp.jpg

OCT
(光干渉断層撮影装置)

網膜や視神経乳頭の断層を撮影できる眼底撮影装置です。
黄斑変性症や緑内障の診断に大変有用です。